つれづれ茶

なんとなーく適当に
気の向くままに
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
# スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | | category: - |
<< コーディネートはこーでねーと♪ | main | 礼文島 奇妙な夜の会 >>
# 礼文島の旅 桃岩ルール

宿の建物は、昔の鰊(にしん)番屋を改築したものだそう。


入り口をあけたとたん


どんどんどんどん
パフパフパフー

けたたましい鳴り物とともに
「おかえりなさーい!!」
とスタッフが一斉にお出迎え。

めんくらう客一同
なんなんだこのハイテンションは!?
一方、常連客はすでに一緒に盛り上がってました


ここではいくつか独自のルールがあって、
例えば初めて来た客でも、スタッフは
「お帰りなさい」と言います。

客も、宿や食堂の出入りの時に
「行ってきます」「ただいま」を言い、
他の客達も「おかえり」や「いってらっしゃい」を返します。

など。

同行者がいればまだしも、私は一人だったので
ノリについていけるか
のっけから不安になってしまったのでした


ところが、これも不思議なもので
はじめはなんとなく照れくさくて言えなかったのに
次第に慣れていきました。
むしろ、楽しく感じられたほど

他の客も同じで、
挨拶が自然にできるようになるにつれ
会話も気軽にできるようになるんです。

建物の中は意外にも、とてもきれいでした。

寝室は男女別のドミトリー(相部屋)で
そこでも知らないもの同士
「どっから来たんですか?」「オススメのとこありますか〜?」
なんて、おしゃべりも弾みます♪

こんな小道具にもユーモアが。
(ペットボトルつぶし機?のギャラン君)




| comments(0) | trackbacks(0) | 10:59 | category: 礼文島旅行・桃岩荘 2004.6月  |
# スポンサーサイト
| - | - | 10:59 | category: - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://tyuraumiyo.jugem.jp/trackback/78
トラックバック
Selected Entry
Profile
Comments
Mobile
qrcode
記念日
記念日その2
のほほん
Search this site
Sponsored Links