つれづれ茶

なんとなーく適当に
気の向くままに
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
# スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | | category: - |
<< バタバタしとります | main | コーディネートはこーでねーと♪ >>
# 礼文島の旅  ドナドナ
久しぶりに旅行の思い出整理

今回は、ちょっと毛色の変わった場所です

5年前、北海道に1ヶ月滞在し、
札幌を拠点にあちこち旅行しようと思いつきました。

どうせ泊まるなら、どっかおもしろいとこないかなーと探していたら、
目にとまったキャッチフレーズ
「日本3大おばかユース」

…なんじゃそりゃ?

でも、これはちょっとおもしろそうかもというわけで
知る人ぞ知る「桃岩荘」に行ってまいりました

桃岩荘にこれから行ってみようと思う人や
少しでも可能性のある人は
ネタバレなので読まないでね〜


稚内まで電車、その後フェリーで礼文島へ。

船着場が見え始めたころ
なにやら異様な光景が
客が珍しげにカメラを向けます。

数人の若者が、大声で叫びながらでっかい旗を振っている!
「おかえりなさあーいい!!」


なんなんだ!?おもしろーい!と思ったら、
…その桃岩荘のお迎えだった

しかも乗るのはバスじゃなくてこのトラック。
その名も「ブルーサンダー号エース


ビール箱を踏み台に
一人ずつ丁寧に手をとって乗せてくれた。

あははー、トラックの荷台に揺られて行くんスか!!!


トンネルの中に入るとき、
3つのあるものを捨てるように指示されます。
それは
「知性・教養・羞恥心」。

ちょっとあほっぽいポーズをとりながら、
スタッフと客みんなで半強制的に
「さんハイ!知性♪教養♪羞恥心♪♪」を繰り返します(笑)

しばらくすると、
宿の名前にもある「桃岩」が出現。

でかっっ

容赦無用でかなりのハイテンションな人々に
戸惑い半分、若干引き気味…

不安と好奇心の
桃岩荘ステイがはじまったのでした








| comments(2) | trackbacks(0) | 11:38 | category: 礼文島旅行・桃岩荘 2004.6月  |
# スポンサーサイト
| - | - | 11:38 | category: - |
コメント
す……すごい……!!

なんというかそれしか言葉が出てこないよ……!
| こでじ | 2009/09/04 9:43 PM |

こでじちゃん>
変なとこでしょう?(笑)
かなりインパクトあるけど楽しいよ〜
ぜひ行ってみて〜(b^-゜)
| しのん | 2009/09/06 11:00 AM |

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://tyuraumiyo.jugem.jp/trackback/77
トラックバック
Selected Entry
Profile
Comments
Mobile
qrcode
記念日
記念日その2
のほほん
Search this site
Sponsored Links