つれづれ茶

なんとなーく適当に
気の向くままに
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
# スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | | category: - |
<< 残暑お見舞い申し上げます☆ | main | アクティビティ▲灰▲蕕肇ンガルー >>
# アクティビティ
 あー駄目だ、しばらく間が空いてるうちに
ますます記憶があいまいになってきた


授業は教室で文法や会話など習う普通のものと、
「アクティビティ」といって
屋外での体験型レッスンの2種類ありました。

資料を捨てちゃったので
順番とか忘れてしまった…

なので写真と記憶が残っているものだけ
書き留めておきます

教室の授業は、こっちの学校と同じで
一斉授業みたいな感じでした。

ただ、唯一大きな違いを感じたのが
授業の進めかた。

日本だと、思ったことや意見を勝手に発言すると
怒られますよね。

「意見がある人は手を挙げて」みたいな。

ところが、あまり挙手の習慣はないんだかなんなんだか、
レイは積極的に思ったことを発言して欲しいみたいでした。

最初、みんな勝手がわからず手も挙げられず
レイが個人的に指名していくんだけど

すごくやりにくそうなのがわかったし、
なんとなく高学年の授業中みたいに
みんな下を向いて活気がなく、停滞気味

ちょっと不安でしたが…

アクティビティーが始まり、
思ったことを自然に発言するようになってから
やっとレイのスタイルになっていきました。

でもねー、これはこれで結構勇気がいりました。

「これはどういう意味だと思う?」

の問いかけに
沈黙を破ってカタコトの英語で
「○○?」みたいな感じで発言するのはドキドキ。

しかも、やっぱり高校生の子たちはなかなか発言がなくて
主に先陣切ってたのは30代メンバー

かといって、あまりに自分達ばかりでしゃばってもなあ、と
慣れるまでなかなか微妙でした

最後の方なんかは、レイが「待った」をかけるほど
みんな自然に言えるようになりました(笑)

最初のアクティビティーは、確か街に出てショッピングだったかな?





「おしん」という名のレストランがやたら印象的だった…

街の写真がコレしかない

初回はぞろぞろと列を作って
先生の説明を聞きながら
お店や教会などを見て回ったけど

とにかく私はきょろきょろしてたのを思い出します














| - | - | 20:30 | category: 2006年7、8月豪短期留学 |
# スポンサーサイト
| - | - | 20:30 | category: - |
Selected Entry
Profile
Comments
Mobile
qrcode
記念日
記念日その2
のほほん
Search this site
Sponsored Links