つれづれ茶

なんとなーく適当に
気の向くままに
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
# スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | | category: - |
<< クラスメイトと先生 | main | 残暑お見舞い申し上げます☆ >>
# お世話になった人たち
ホームステイ先は
一番左の男性、マシューの家。

なんと独身男性一人暮らし

学校から送られた、ホームステイ先の
家族構成とかの情報では
「子どものいない夫婦」
って書いてあったのに!!

年頃の乙女に
何かあったらどうしてくれるんじゃ


後から思えば学校にクレームつけてもよさそうなもんだけど
マシューはとってもいい人だったので
楽しい毎日でした。



↑マシューと、彼女のメアリーの家族。
彼女、いたのね、と一安心(いらん心配)

あと、ここにはいないけど
私が来たときにスペイン人留学生の少年、
サルヴァ君がいました。

なんとも奇妙な3人暮らし。

思春期なのか、サルヴァはあんまりしゃべってくれなかったけど
後半はちょっとずつ笑ったり
話しかけてくれたりしました。

彼は2週間後に帰国。




大学の送迎に協力してくれた
一家

とっても優しい人で、奥さんはめっちゃ朗らか

この3人兄弟がまたかわいくて
長男君は日本語に興味のある子

一番よくしゃべってくれた

私でも書けない漢字、「薔薇」とか書いてくれた



 



マシューの家族。

こちらもホームステイの受け入れ先みたいで
でっかいおうちにたぶん数人。

ご両親は結構年配だったけど、
テレビ見ながら手をつないでいたりして、
ラブラブでした

やっぱり外国って愛情表現がすごいなあ

なんか、老後の穏やかな愛情を感じて
すごくほっこりしました




| - | - | 07:22 | category: 2006年7、8月豪短期留学 |
# スポンサーサイト
| - | - | 07:22 | category: - |
Selected Entry
Profile
Comments
Mobile
qrcode
記念日
記念日その2
のほほん
Search this site
Sponsored Links