つれづれ茶

なんとなーく適当に
気の向くままに
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
# スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | | category: - |
# 新婚旅行 おまけのおまけ 時差ぼけが直らない

まさかあんなに時差ぼけに苦しめられるとは…

散々添乗員Oさんが、帰る前に
時差ぼけにならないコツを伝授してくれたのに
ことごとく無視したツケは痛かった


「皆さん、飛行機の中ではまだ眠くないかもしれませんが
必ず寝てくださいね。
ゲームなんてやってちゃだめですよ。


・・・はい、やりましたとも。

行きの飛行機では扱い方がわからず寝てたのに
帰りに分かってしまってから、ひたすらね…


「日本に帰ったら、イタリアでは寝ていた時間なので
眠いと思いますが、絶対に寝ちゃだめです。
ここが分かれ道です!」


・・・ええ、寝てましたとも!!

仮眠といいつつ、数時間がっつりとおっ


「そして夜、眠くなくても寝てください
ここで眠くないからってテレビつけると
ジャパネット高田やってるんですよね〜

で、もうろうとしながら観てると
これがまた欲しくなっちゃうんですよ


・・・。

えーえー、観てましたよバリバリにっっ
思わず電話番号と商品名メモってたのは私だよっっ

目が冴えまくってとりあえずテレビつけたら
見事にジャーパネットジャーパネッふうっふうっ



仕事が始まったT氏はすぐ復活したみたいだったけど
私はしばらくこのじゃぱねっとを毎晩観る羽目になりました

他に面白いのやってないし、
なぜかなんとなく観たくなる

確かに、一人でぼーっと深夜にあれ観てると
普段は全く興味ないものも欲しくなるわ…

さらにそれさえ飽きて、
砂嵐をぼーっと観はじめた時には
さすがにやばいと思いました


添乗員さんの言うことは守るべきか、と
少々反省したのでありました


それにしてもジャパネット恐るべし…

一度あの曲耳にしたり
思い出したりしただけでも
エンドレスリピートだよ。


ふうっふうっ





| - | - | 23:40 | category: ♪Wedding/ハネムーン |
# 新婚旅行おまけ 神戸 (2/2)インフォラータ

さて、昼近くに出発して、
とりあえず観光に。

異人館の方に向かうと、
偶然にも「神戸インフォラータ」が開催されていました。

たくさんのカラフルな絵が地面に描かれています。
花が植えてあるのかな…?





いえいえ、
これ、よく見ると



全部チューリップの花びらやその中心部などなんです。

後で調べて初めて知ったのですが、
この神戸インフォラータは、
阪神淡路大震災の復興を願って、その2年後に始まったとか。

「インフォラータ」とは、イタリア語で
「花を敷き詰める」という意味で、イタリア発祥なんだそうです。

これまた偶然にもイタリアとご縁がありました。

とっても綺麗なこの花びらは、
富山や新潟で球根栽培のため捨てられてしまう
チューリップの花びらを使っているんですって。

なんだか素敵ですね

毎年GWあたりに行われるそうです。


その後、カフェでお茶したり、


布引ハーブ園に立ち寄ったりしました。
ここのハンバーガーお勧め



↑私の大好きなネモフィラ



ここもなかなか楽しいですよ


神戸もしっかり楽しんで、
無事家に帰りました

ですがその後、
数日にわたって時差ぼけに苦しめられます








| - | - | 21:53 | category: ♪Wedding/ハネムーン |
# 新婚旅行+ 神戸 (1/2) ベイサイド

関空に朝9時には着いたので、
ついでに神戸に一泊して観光していこうということに。

とりあえず満喫に入り、ネットで空いている
ビジネスホテルを予約しました。

そのとき飲んだ、インスタントの味噌汁の
美味しかったこと!!
ほっとしてしまいました

ぶらぶらしてお昼を食べ、
とりあえず荷物を置きにチェックイン。

二人ともどうにも眠かったので
1時間程仮眠をすることに。


…が!!!
まさに時差ぼけ…
起きたらもう夜でした

とりあえず、晩御飯を食べに行きがてら、
神戸ポートタワーや港を散策しました。



 




星空みたいに見えるのは、タワーの中に
クリスマスみたいなイルミが巻いてあって、
それがうまいこと反射してたんですね〜



T氏に神戸牛をご馳走してもらいました

うまかった


そして翌朝、ルルルルーっと電話が。

ん?家か?と朦朧としていましたが、
がぼーん。

なんとフロントからの電話で、
チェックアウトの時間を過ぎてます、と!!

なにーっ!?

時計を見たら、もう11時でした

またしても時差ぼけ

慌てて飛び起き、せっかくの朝食券もぱーにして
とりあえずチェックアウトでした






| - | - | 21:41 | category: ♪Wedding/ハネムーン |
# 南イタリア 7日目30日☆ 最終日

旅行もとうとう最終日!!

この日は午後の飛行機までフリータイムです。

旅の途中で仲良くなったHさん夫婦が
コロッセオに行くというので同行を志願

二人は2回目のイタリアなので、
チケットの買い方から道までよくわかっていて
頼もしかったです

ほんと、限られた時間の中だったので
Hさんたちがいて良かった〜

コロッセオまでは、歩いていきました。

男性二人は歴史談義に花が咲いていました。
嫁二人は、そんな旦那たちの後ろを歩きながら
「私、歴史とか地理とかよくわかんないんですよー」
「私もなんです〜」と
主婦の会話で盛り上がりました

早朝の空気はすがすがしくて気持ちよかったなあ

コロッセオは、中に入ると
外から見たのとはまた全然違う風景!!


迫力がありました



しばらく散策の後、近くのフォロ・ロマーノへ。

個人的にはこちらの方が面白かった

そこらじゅうに遺跡がごろごろ。
私の好みにどストライクっっ



しかも、色んな時代のものが混ざっているらしいです。
発掘途中のものもたくさん。



時間がなくてあまり見られなかったけど、
ここはもう一度来てじっくり見たいです

急ぎ足で戻り、もっと滞在したい思いを我慢して、
帰国の途につきました。

長時間の飛行機はほんとにしんどかった〜

でも、帰りは機内にあったゲームのやり方がわかったので
つい遊んじゃったんですよね〜

添乗員Oさんの「時差ぼけ」対策を無視して。
これが次の日見事に思い知らされるはめになります


と、いうわけで長かったけどイタリアの記録終了!!

どこも素敵だったけど、
自然派の私たちにはやっぱり、前半から半ばまでが
一番印象に残って楽しかったかなあ〜

南イタリアらしい自然や、色彩の鮮やかさ、
のんびりした感じがものすごく好きでした

次にイタリアに行けたら、また南がいいな♪
今回泣く泣く断念した、トスカーナ方面の
アグリツーリズモや、シチリア島も
行けたらいいです!

とにかく、素敵な旅行でした


あー行きたい行きたい行きたいーーーーっ



| - | - | 23:01 | category: ♪Wedding/ハネムーン |
# 南イタリア 6日目29日(3/3)☆カンツォーネとナイトツアー

南イタリア最終日前夜は、
カンツォーネの聴けるお店へ。


生歌を聴かせてもらいました

しっとり聴いたり、手拍子して一緒にワンフレーズうたったり、
フキンを振り回したりしてすごく盛り上がりました



↑同席のみなさんと一緒に♪

帰りのバスで、すっかり酔っ払って気を良くした
添乗員Oさんが、運転手さんになにやら交渉…

すると、快く夜のローマ市内を無料で回ってくれるというのです!!

本来なら、ナイトツアーはオプションとして
料金がかかるそうで…

とてもラッキーでした。
最初は、他の女性添乗員さんを横目に
「このもじゃもじゃ頭のまるっこいおじさんで大丈夫か?」
なんて思っちゃってごめんなさいでした

この人、結構すごい人でしたよ

全然知らなかったのですが、
あちこちの建物がライトアップされていました

すごく幻想的で綺麗






旅行前に、Yちゃんの勧めで「ダヴィンチコード」観てたから
なんだかミステリアスな怪しささえ感じました。

いよいよ最終日です!!

フリータイムで回る予定のコロッセオも、
夜はこんな感じ☆




| - | - | 22:24 | category: ♪Wedding/ハネムーン |
# 南イタリア 6日目☆29日 (2/3)郵便局の冒険 
トレビの泉の後は、私の旅行の定番、
「現地の人と触れ合いミッション」(なんじゃそりゃ)

アイルランドでの経験をきっかけに、
郵便局で現地の切手を買うのを
ぜったいやりたかったんです

地図を見ながらT氏とあっちだこっちだ言いながら
歩きましたが、最初はわからず。

そこで、そばにいた、現地の交通整備員さん?に突撃

「郵便局に行きたい」

みたいな事を、カタコトの英語と身振りで伝えると、
イタリア語じゃないのになんとなくわかってくれました

場所が分かったこと以上に、
やっぱり現地の人とコミュニケーションするのって
超楽しいっっ


無事見つけましたが、中央郵便局だったらしく、
広すぎてどうやって買うかわかりません…

うろうろしてたら、偶然にも英語をしゃべる中年の男性が
切手を買おうとしていました。

様子を見ていたらその人は流れでどうにか買えたので、
買い方をたずねました。

この人も結局良く分かってなかったみたいでしたが
すごーくいい人で、その後もうろうろさまよう私たちに
何度も声をかけたりしてくれました。

人の親切さが身に染みます

結局3回も窓口を間違えたり並び直したりして
どうにかゲット!!

汗だくでしたが、
窓口のお姉さんが根気良く対応してくれました

めっちゃ大変だったけど、
やっぱりこういう思い出はより鮮明に思い出に残りますね

決行して良かった

警備員さん、外国のおじさん、郵便局のお姉さん、
そして私のわがままにつきあってくれたT氏、
グラッツィエ!!

再び広場に戻った後は、お土産を物色して帰りました。





↑T氏も自力で店員さんとやりとりして
ネクタイゲットしてました。

やるじゃん!!





| - | - | 22:23 | category: ♪Wedding/ハネムーン |
# 南イタリア 6日目☆29日(1/2) ローマ入り

旅も終わりに近づいた6日目の午前は、
こちらも世界遺産になっているカゼルタの王宮に行きました。



中に入ると膨大な数の部屋と美術品。

最初は珍しくて写真や動画を撮りまくってましたが…


だんだんなんだかどれも同じに見えてきちゃって

すんません、ゲイジュツやレキシに関心薄くて
後半はちょっと飽きました

でも、好きな人にはたまらんでしょうなあ…

さすがに王の間と言われた黄金の部屋


や、
王妃の間

とか、四季をテーマにした部屋とか、
分かりやすい部屋は面白かったですが

その後、散策時間をもらって、
広大な庭園を散歩します。


こちらはもっとゆっくり歩き回りたかった!!

時間とお金がある人は、
馬車でぐるっと回ることもできますよ♪


午後は「ローマの休日」で有名な「スペイン広場」へ。

夕日に照らされた広場は、
とても印象的でした




ここでは完全フリータイムがあったので、
まずは徒歩で有名な「トレビの泉」へ。

もちろん、コイン投げしましたよっ
後ろ向きでコインを投げると
もう一度ローマに来ることができるとか。







| - | - | 21:57 | category: ♪Wedding/ハネムーン |
# 南イタリア 5日目☆28日(2/2) ポンペイへ
途中になったきり
えらい久しぶりですが…

アマルフィの後ラベッロに行き、
天空の城ラピュタみたいな所に感動した
(詳細はこちら以前)続きからです


ラピュタにテンションあがったまま、
この日のランチはレストランの屋外でした


木陰がいい具合にできていて、
とても気持ちが良かったです




ランチがイタリア時間だったので
次の料理が出てくるまでとても時間がかかりました。

気の短い大阪おばちゃんたちは
しきりに文句を言いまくるので、
添乗員Oさんも店員さんに催促したりしてましたが…

私としては、こんな気持ちのいい天気で、
木陰でそよ風に吹かれながら
同席した人たちとおしゃべりして、
のんびり料理を待つのはすごーく楽しかったです

それに、これが一般のイタリアでのランチルールなら
体験できてとても良かったんじゃないかな?

やきもきしてる年配者を横目に、
「そんなにせかさないでいいじゃん〜」
「まったりしようよお〜」
と、思ったりしてました

もっとのんびりしたかったなあ〜

(ランチを全部食べ終わるのに
2〜3時間かけるんですって。
しかも、あまり早く料理が出てくると
「早すぎる」とクレームがつくそうです)


さて、気の長いランチの後、
有名なポンペイへと向かいます。

楽しみな反面、ちょっとブルー…

というのも、南イタリアに行くとは
夢にも思っていなかった頃、
何かの番組でポンペイ特集を観たんです

あまりに生々しい遺跡の生い立ちに
気分が悪くなってしまってました

なので、正直なんか怖かったんですよね〜

実際行ってみると、スケールはとても大きくて
ものすごく進んだ文化だったということが
よくわかりました。

↓屋根は落ちてるけど
たくさんの店や家があったみたいです。





↓パン屋さんの窯



↓いわゆる「猛犬注意」のマークらしいです。すごい。




店やら大浴場やら、
本当にそこで生活していたんだなあと思うと
不思議な感じ

でもやっぱり、だからこそ
逃げる間もなく灰の下に埋もれていったことを思うと
なんだかもやもやするのであります

リアルすぎて暗くなりました


バスの中でぐっすり寝たら、気分も復活
ディナーは外のレストランでピザを食べました



すごく美味しかったけど、
その前の前菜のボリュームがあった上に
そろそろチーズに飽きてしまって
全部食べ切れませんでした

あー、今だったら全部食べるのに!!!
















































| - | - | 23:49 | category: ♪Wedding/ハネムーン |
# 南イタリア 5日目☆28日(1/2) ラッベロ 天空の城
さて、旅も後半の5日目。
ホテルからバスで移動し、
ラベッロに入ります。

↓なんだかナウシカにでも出てきそうな絵です



しばらく周囲を散策し、
その後リヒャルトワーグナーの別荘という
ルフォーロ荘」に入りました。

はじめはそんな建物
興味ないなーと思ってましたが…


中に入ってびっくり!!

そこはまさに「天空の城ラピュタ

ラピュタ好きな人は、
もちろんそうでない人も、
南イタリアに行ったらぜひ!



中は古びた感じの建物ですが、
ツタや苔などがいい具合に生えていまして、
でも花々が咲き乱れていてとっても綺麗




そして何より圧巻だったのが、
海が見える場所からの景色です

まるで本当に空中に浮いて
海や山を見下ろしているみたいです





小鳥のさえずりが聞こえ、
海の波がきらきらと輝いて、
もー時間があれば一日中そこにいたかった!!!

中を探検しまくりましたが、
やっぱり最後はそこの眺めがもう一度見たくて
戻ってきてしまいました

その後は、添乗員Oさんが自腹(?)で
チンブローネ荘」にも連れてってくれました。



広々としていて気持ちがいい!!
お弁当とか持ってのんびりしたかったな〜

こちらも崖っぷちに展望台があり、
数歩前にせり出しているので絶景でした!!
(でもかなり怖かった〜)

こっちの方が規模も
絶景感も大きかったけれど、
個人的にはラピュタみたいなルフォーロ荘が
お気に入りです

あーーー、もう一度行きたいな

























































| - | - | 17:20 | category: ♪Wedding/ハネムーン |
# 南イタリア 4日目☆27日(2/2) アマルフィへ

青の洞窟に感動した後は、少し移動し、
昼食まで散策タイムでした




ぶらぶらとお土産や街の様子を眺めてすごしました。

そういえば、扉だけでなく
ベンチとか電柱とかゴミ箱とかも
きれいなグリーンが多かったです
わざわざ揃えているのかな?


さらに、カプリ島はレモンが名産ということで
そこらじゅうにレモンの飾りや
レモンを使ったお土産が並んでいました

↓T氏、レモンアイスを注文中…


こんなねこの足跡がありました
海が近いからか、猫が多いですね。



ランチにはレモンの生絞りジュースを飲んでみましたが…

すっぱーーーい

当たり前か…砂糖も何も入ってませんでした
でも、しばらくするとその清涼感がやみつきに

フェリー→バスと乗り継ぎ、アマルフィーへ向かいます。



友人から、アマルフィに行くなら
織田祐二主演の同名映画も見たほうが良いよと
薦められていたので観たのですが、
まさにその撮影現場がたくさん見られました。

まずはポジターノ展望台へ。



アマルフィの街が一望できます

絶壁に家が密集していておもちゃみたいでした
こんな崖っぷちに家なんて、日本じゃ無理ないかな〜

合間合間に、オレンジやレモンの木がたくさんありました。

展望台のお土産やさんも、やっぱりレモンがいっぱい♪


↓ホテルに向かってます。並木の間に見える、
カーブの端の白いホテルでした。


ホテルの廊下は、アリスの世界を思わせる、
ちょっとモダンな感じでした



ベランダ側の窓の扉は、
私のお気に入りのエメラルドグリーンの扉でした



添乗員Oさんの交渉で、オプションで船にのって
海からアマルフィを観覧したり、
夜の街を散策したりして
この日は終了しました
(なにげにOさん、すごいんだよなあ…)


おまけ♪
私が爆睡中、T氏が深夜にベランダから撮った
アマルフィの月です。
見たかったなあ〜























| - | - | 23:59 | category: ♪Wedding/ハネムーン |
Profile
Comments
Mobile
qrcode
記念日
記念日その2
のほほん
Search this site
Sponsored Links