つれづれ茶

なんとなーく適当に
気の向くままに
<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
# スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | | category: - |
# 宮古島の旅 後編

今日は朝起きたらセミが鳴いてて
なんだかうれしくなってしまった

陽射しもギラギラ、夏!!て感じで
テンションあがりまくったので壁紙変更
(明日は天気悪いみたいだけど)


えーっと、宮古島後編。


体験ダイビングは2種類やってみた。
はじめは「ビーチダイビング」。
ビーチで装具をつけて、2メートルほどかな?
浅めの所で体験するもの。

一通りやり方を教わり、浜でタンクをしょった。

ところが、
お…重い…!!!

一人ボケでもしてるかのように、
立とうとするんだけど立てない。
ひいいいい〜

インストラクターは
そういうもんだとばかりに笑ってたけど、
すぐ目の前の浜までがほんとに辛かった。
あんなに重いもんだとは思わなかった

海に入ってしまえば浮力が働くので、一気に楽に!
でも、慣れないのと緊張とですぐ呼吸が乱れて
何度も怖くなってしまった。

慣れてきたころ、
ふと見ればたくさんの熱帯魚がっ

上を見上げれば、空の代わりに海面が揺れている。
きらきらと日差しが差し込む
自分の周りを熱帯魚の群れが取り囲んでいる

本当に夢のような光景だった
忘れられないなあ。


別の日、今度は「ボートダイビング」に挑戦。
同じ体験ダイビングなんだけど、
ボートで沖まで出て、ロープをつたってもっと深くまで潜る。

私はこれができなかった…

というのも耳抜きができない。
気圧(水圧?)の変化で耳がポーンとなるのを
唾のみこんだり鼻つまんだりして直すんだけど。

いくらやってもできなくて、
耳が痛くてたまらない
過呼吸状態になって、断念

はー、ほんとはいつかライセンスを取って、
与那国島の海底遺跡を見たいと思ってたんだけど
それは無理だろうなあ…

というわけで、私はシュノーケルオンリーで行きます!



あと、伊良部島に渡ってカヌーを体験。



ボートや船と違って目線が一気に低くなるので
とってもわくわくした
(遮るものがないので日焼け注意です)


他には砂山ビーチ、日没直前に大急ぎで見に行ったな。


あとは忘れちゃった〜





でも宮古島で一番に心に残ったのは
海の透明感の美しさと、熱帯魚の多さだったかも




この2年後、久米島へ渡ります!

| comments(2) | trackbacks(0) | 11:23 | category: 宮古島旅行 2003.8月 |
# 宮古島の旅 前編
すっかり沖縄の魅力にとりつかれたKちゃんと私。

2003年、2度目の沖縄は
宮古島4泊5日に決定!

シュノーケルが前回あまりに楽しかったので、
私たちはマイ「シュノーケルセット」を購入


勢いでフィン(足ひれ)も買おうかと思ったけど、
荷物になるもんなあ。
足ひれだけはツアーで借りることにした。


宮古島で特に印象的だったのは
八重干潮(やびじ)」というところ。
ボートで沖のシュノーケルスポットにつれてってもらった。
ここはもう、時間を忘れてしまうほどきれいだった。



その辺で売ってるインスタントカメラ(水中用)で撮ったのに
くっきり写るほどに透き通ってた!

そして熱帯魚の数がすごい〜〜
潮が引くと足がつくんだけど、
それでも覗き込むだけでたくさんの魚が見える



↑青いのは全て熱帯魚!

シュノーケルに慣れた人が
指を動かしてえさをやるまねをすると、
勘違いした魚たちが一斉に集まっていった。

ほお〜

まねしてみると、ほんとに自分の周りにもっっ

しかも、指をえさと思うのか
つんつんつついたりしてくる。
かわいい〜〜っくすぐったい〜っ
めっちゃ感動でした
↓Kちゃんの手元にも青い魚の群れが



とにかく沖縄の海に行ったら
シュノーケリングはオススメです!

魚をたくさん見たい場合はツアーでボートに乗って
良いスポットに連れてってもらったほうがいいかもです。
(地元人でないと、自力でポイントを見つけるのは難しいかも。
どこにでもたくさんいる訳じゃないみたい…)

あと、自己流でやれないこともないんだけど
初めてやる人はレクチャーを受けた方がベターだそう。
私たちも、簡単に講習を受けた。

特に、水抜き練習のために
わざと上から水を入れたら結構怖かった。

パイプに万が一海水が入り込んだとき
思い切り吹けば抜ける仕組みになっている。

でもそれを知らないと、
パニックになっておぼれる事故があるそうだ。

一度講習を受ければ心配することないので
是非楽しんでみてください
泳げない人もジャケット着用できるので大丈夫

そうそう、くれぐれも珊瑚はうかつに
素手で触らないように…
毒のあるものもあるらしいし、
珊瑚を触ったり踏んだりして
傷つけないのがマナーとのこと。

ツアー会社によって、これらの講習の有無や
軍手貸し出しとかあるので
いい会社に当たるといいですね!

次は体験ダイビングに挑戦しました



| comments(0) | trackbacks(0) | 16:37 | category: 宮古島旅行 2003.8月 |
Selected Entry
Profile
Comments
Mobile
qrcode
記念日
記念日その2
のほほん
Search this site
Sponsored Links